酵素ドリンクの作り方・飲み方

「酵素ドリンクを使ったダイエットを始めたい」
「でもなかなか経済的な余裕が…」

そんな方のために、酵素ドリンクの作り方を大公開! ついでに効果的な飲み方も覚えて、あなたの好み・体質にジャストフィットするお手製の酵素ドリンクを試していきましょう。

酵素を減らさずに作ること

ミキサー

ほとんどすべての酵素ドリンクは、数十種類の原料を発酵させ、その後ミキサーして作られています。

しかしこれを自分の手で試しても、なかなか効果のあるドリンクを作ることはでいません。

遠心分離の熱で、酵素が激減し、ただのミックスジュースになってしまうわけです。お世辞にも「おいしい」と思えるものを作ることも、なかなか困難でしょう。

酵素を減らさず、おいしい酵素ドリンクを作るためには、工夫が必要です。

まず、ミネラルウォーター、クエン酸、白砂糖とそれを入れる容器、それからあなたのお好きな果物類を、味のバランスを考えて用意しましょう。果物の皮むきを行う必要はありませんが、その分丁寧に洗うのはお約束。包丁ですり潰して、ミネラルウォーター(水道水は現金!)・白砂糖・クエン酸を入れ、じっくりと素手でかき混ぜていきます。

容器をきちんと密封して、適宜かきまぜながら数日放置すると、表面に小さな泡が浮かんできます。これが「発酵」のサイン…つまり出来上がりです。

飲み方としては、酵素は熱に弱いため、常温か、少し冷やして飲むのがベスト! もし現在、市販の酵素ドリンクに不満を感じている方も、一度試してみてはいかがですか?